Raspbianの時刻・タイムゾーン設定

インストール直後の状態はNTPは稼働してましたが、タイムゾーンがBSTになっていたので修正


システム

  • ボード … Raspberry Pi Zero W
  • OS … Linux raspberrypi 4.19.97

タイム設定ステータス確認

timedatectlコマンドで現在のステータスを確認します

% timedatectl
               Local time: Tue 2020-04-11 06:31:16 BST
           Universal time: Tue 2020-04-11 05:31:16 UTC
                 RTC time: n/a
                Time zone: Europe/London (BST, +0100)
System clock synchronized: yes
              NTP service: active
          RTC in local TZ: no

上記状態では、タイムゾーンがBST (英国夏時間)になっており、NTPはアクティブで時刻の同期も行われていることがわかります

また実際の同期されているサーバはtimedatectl timesync-statusコマンドで確認します

% timedatectl timesync-status
       Server: 2001:16f8:15:155::30 (2.debian.pool.ntp.org)
Poll interval: 17min 4s (min: 32s; max 34min 8s)
         Leap: normal
      Version: 4
      Stratum: 3
    Reference: C26D0622
    Precision: 1us (-23)
Root distance: 39.490ms (max: 5s)
       Offset: -2.028ms
        Delay: 132.831ms
       Jitter: 4.115ms
 Packet count: 6
    Frequency: -6.220ppm

2行目の2.debian.pool.ntp.orgが同期しているサーバです。別のNTPサーバを指定したい場合は、/etc/systemd/timesyncd.confNTP=の行に記述すればいいそうです。

タイムゾーンの変更

タイムゾーンはtimedatectl set-timezoneで設定します。設定できる値のリストはtimedatectl list-timezonesで確認できます

% timedatectl list-timezones | grep Tokyo
Asia/Tokyo
% sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です