Jetson Nano (2GB)でapt upgrade後ログイン画面が表示されなくなった問題の解決

Jeston Nano (2GB)を新規インストール後に、apt update/upgradeするとログイン画面が表示されなくなる問題の解決方法


新規インストールのupgrade後に問題発生

問題はJetson Nano (2GB)を新規インストール後に発生し、再現率は100%です

  • こちらのチュートリアルに従って新規イメージをSDカードに書き込んでインストール
  • 立ち上げ後にTerminalを起動してsudo apt update/sudo apt upgradeを実行
  • 再起動 (reboot)
  • ログイン画面が表示されなくなる

問題が発生した場合でも、sshや別コンソール (Ctrl + Alt + F1Ctrl + Alt + F2)でのログインは可能です。

Jetson Nano 2GBはデフォルトでlightdmをディスプレイマネージャに使用していますが、以下のエラーメッセージがログに残されていました

hoge@JetNano:~$ sudo cat /var/log/lightdm/seat0-greeter.log
[+0.00s] DEBUG: unity-greeter.vala:583: Starting unity-greeter 17.04.1 UID=121 LANG=en_US.UTF-8
[+0.00s] DEBUG: unity-greeter.vala:586: Setting cursor
[+0.01s] DEBUG: unity-greeter.vala:600: Loading command line options
[+0.01s] DEBUG: unity-greeter.vala:628: Setting GTK+ settings
libgnutls.so.30: failed to map segment from shared object
Failed to load module: /usr/lib/aarch64-linux-gnu/gio/modules/libgiognutls.so

さらにWeb上を調べてみると、どうも下記ページと同様の問題のようです

サポートのコメントによるとlightdmを使用している場合、Jetson Nano 4GBなどの他のJetsonプラットフォームでも同様の問題が発生するようです。

解決方法

上記ページによると、まだ修正版ソフトはリリースされておらず (2020/12/31)、以下の2つのワークアラウンドが提供されています

GDM3を使用する

自分では試していませんが、lightdmではなく、gdm3を使用することで問題を回避できるようです。ただし、gdm3はlightdmと比べてメモリ使用量が多いのが欠点

systemdの更新を停止

systemdパッケージの更新を停止することで問題を回避できるようです

% sudo apt update
% sudo apt-mark hold systemd
% sudo apt upgrade

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です