WordPress (Apache2)のPHPを7.3にバージョンアップ

ツールのサイトヘルスでPHPのバージョンが古いというワーニングが出ていたため更新


環境

  • OS … Ubuntu 18.0.4

また念のため更新前にWordPressページのバックアップを取っておくことを推奨します


PHP互換性チェック

まずPHP Compatibility Checker Pluginでテーマやプラグインの互換性を確認。検証結果は完全ではないそうですが、かなりの部分は検証できるようです

  • インストールは管理ページのプラグイン追加から検索可能です
  • プラグイン有効化後、ツール -> PHP Compatibilityへ移動
  • スキャンオプションにPHP7.3有効化中のプラグインのみを選択してスキャン開始

既存パッケージの更新とリポジトリの追加

既存のパッケージを更新しておきます

% sudo apt update
% sudo apt upgrade

次に、Ubuntu18.04のデフォルトのリポジトリではphp7.0までしか利用できないため、php7.3のパッケージをインストール可能なリポジトリを追加します

% sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
    [ENTER]
% sudo apt update

自分の環境ではこの時点でapt upgradeを実行すると、php7.4がインストールされてしまい、少しはまりました。


PHP7.3のインストール

php7.3と関連モジュールをインストールします

% sudo apt install php7.3  # 7.3のインストール
% php -v  # バージョン確認
% sudo apt install php-pear php7.3-curl php7.3-dev php7.3-gd php7.3-mbstring php7.3-zip php7.3-mysql php7.3-xml
 * sudo apt install php7.3-fpm  # Fast-CGIモジュール

Apacheの再起動

最後にApacheのモジュールの有効化 & 再起動して完了です

% sudo a2enmod php7.3
% sudo a2enmod proxy_fcgi setenvif
% sudo a2enconf php7.3-fpm
% sudo service apache2 restart

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です